家計簿つけてますか?

つけたことがある人は大勢いますが、継続できている人は少ないそうです。そして、家計簿を有効活用できている人は更に少ない。

image


難しいことはしない

家計簿をつけていると言うと、「えらい」とか「大変そう」とか言われることがあります。
そもそも家計簿を難しいものと思っている人が多いのでしょうか。

私も家計簿って面倒だと感じて、最初は3ヶ月ほどで挫折しました。
続かなかった原因は以下の二点だと思います。

・家計簿のために、PCを起動する必要があった
・細かくカテゴリ分けして管理していた

当時はスマートフォンなどない時代で、家計簿と言えば、ノートかExcelという選択肢でした。
私は集計や分析をしたかったので、Excelを使いました。
するとPCを毎日起動するわけではないので、気が付くとレシートが溜まって記入が面倒になるのです。
そして、家計簿をやめてしまいます。

今は違います。
スマホのアプリでいつでも家計簿をつけられるので、レシートを手にしたらすぐに登録します。

すごく楽になりました。

スマホで家計簿なら「moneyforward」と「かけ~ぼ」あたりがおすすめです。


目的に合わせてつける

家計簿をつける目的は何でしょうか?
これから始める方は生活費の現状把握が多いと思います。

現状把握なら細かくつける必要はありません。細かくするときっと後になって面倒になります。

それに家計は家庭によって管理すべきポイントが違うので、最初はざっくりとつけて、徐々に家庭状況に合ったカタチに変化させる方が有効活用できるし、つけるのも楽です。

私は以下のSTEP1~3で少しずつ家計簿を強化していきました。
慣れてくると家計簿つけるの楽しいです。
月末が楽しみになりますよ。

STEP1 ざっくりとつけてみる

最初は以下のようなざっくりとしたカテゴリ分けで十分だと思います。
まずは家計簿をつけてみましょう。

食費
光熱費
生活雑貨
娯楽費
住宅費
その他

3ヶ月ほど続けると、家計の傾向が分かってくると思います。これだけで1歩前進です。

STEP2 カテゴリを細分化する

3ヶ月続けられたら、もう少し細かいカテゴリで家計をつけましょう。
細かくすることで、予算の見通しがつきやすくなり、節約すべき点も明確になります。

このとき、分ける目安としては以下の二点がおすすめです。

・固定費と流動費を分ける
固定費の節約効果は大きいです。1度の努力がずっと続くのです。

例えば通信費が分かりやすいと思います。
我が家は最近docomoを解約してNifMo
に変えましたが、その節約効果は夫婦合わせて毎月1万円です。
10年で120万円です。海外旅行に行けますよ。

・必須か必須でないかで分ける
必須でないものは贅沢です。贅沢だって必要なので、予算を立てます。
贅沢な予算は、ピンチを救います。

どういうことでしょうか?

例えば我が家は外食一回で3000円くらいかかります。
急な出費でピンチのとき、食費を3000円削るのと、外食を一回やめるのと、どちらが楽かは自明です。

とはいえ家族にとって外食は大事なコミュニケーションの場なので、毎月予算を決めて行きます。
これも家計簿をつけているからこそ、贅沢の許容範囲が分かるのです。

参考までに我が家の家計簿のカテゴリを公開します。

流動費(必須)
食費
日用雑貨
流動費(贅沢)
外食
小遣い(パパ昼食、交際費)
交通費
娯楽費
被服費
固定費
住宅費
光熱費
通信費
教育費
保険料
税金

改めて見ると固定費って多いですねー。
ここが改善しやすいのです。

STEP3 予算を作る

ここまで来たら、家計簿を有効活用する下地は完成しています。
カテゴリごとにいくら必要なのか、過去の実績から予算を立てます。

家計簿アプリ「moneyforward」や「かけ~ぼ」を使っていると、日々の進捗がよくわかるので、月の半ばになると、

「今月は外食を控えよう」
とか
「映画を観に行く余裕があるな」
とか
分かるようになります。

そして月末には、予算に対して使いすぎたのか、余裕があったのかを見ていきます。
予算から大きく異なったカテゴリは、なぜそうなったのか理由を考えます。

これを繰り返すことで、毎月改善することができ、生活にゆとりが産まれ新な贅沢や、将来に向けた貯蓄が出来るようになります。

1度改善したら、家計簿の楽しさに目覚めます。
節約は我慢ではなく、楽しみながら行えるのです。

私の仕事から帰って言うことは、
「今日のレシート頂戴!」です。
↑ここまでやると家族に嫌われる場合もあるので、家計簿を楽しむのもほどほどにー。