辻堂海浜公園ジャンボプールの無料招待に行ってきた。

image

雨が降りそうな中、寒いプールに行ってきましたよ。
なにしろ無料ほど安いものはないですから。

天気悪いと空いてるだろうと少し期待。


子連れに優しくリニューアル

公式サイトでは見つけられませんでしたが、今年はリニューアルオープンなんです。

変わったのはこのエリア。
小さな子供が遊べる水遊び場。
水で濡れた人工芝って寝転がると気持ちいいですよね。

image

ここは無料招待では入れなかった。。
大きく変わったのは3つのゾーン

①湘南らしいお洒落な日除けゾーン
子連れには大事ですよね。混んでるプールだと日除けの場所が空いてない、幼児を寝させられない、どうしよー。と困り果てます。
仕方なく帰るなんてこともあります。

これだけ増設されれば遅めに行っても安心ではないでしょうか。

②水遊びゾーン
こども大好きクジラさんが新設されました。
詳細は分かりませんが、うちの子供は早く遊びたくて興奮してましたね。

③岩場ゾーン
こちらはリニューアル前より狭くなったかも?今回は入れなかったので確かめられず。

ここには幼児も滑れる小さなスライダーがあり、去年は一番のお気に入りでした。

image

これらの他にもメインのプールたちは健在。

幼児プール
大人の膝下くらいの浅いプール。子供が好きそうな仕掛けもあって、幼児のプールデビューにはちょうどいいです。
今回はここを中心に楽しみました。
なんとハイハイの子供までいましたよ!

流れるプール
一周300メートルくらいの流れるプール。親子で楽しむのにちょうど良い。
流れるプールは物を落とすと見つかりにくいので要注意です。去年ミニカーを落としてしまい子供が大騒ぎでした。

波の出るプール
目の前が海水浴場なんですけどね。。
幼児は恐がるかもしれませんが、これも親子で楽しめる定番プール。

ウォータースライダー
なかなか立派なんです‼
常に行列で休憩時間も並んでいます。

まさか日本の絶叫ウォータースライダーにランクインするとは。こちらのリトリップの記事です。
超絶ヤバすぎる!日本の「ウォータースライダー」絶叫ランキングTOP10

image

どうですか?県立とは思えない豪華さ
これだけのプールがあれば、飽きっぽいお子さんでも楽しめますよね。


辻堂海浜公園ジャンボプールに行くときの注意点を書いたので参考にしてください。
営業期間や営業時間、利用料金も毎年更新します。
辻堂海浜公園ジャンボプールの注意点


プール以外も楽しめる

ここは県立公園の中の1施設。

公園内には他にも遊べるところがたくさんあります。
中でもおすすめなのが交通公園。
ここでは無料で
・ファミリーサイクル
・幼児サイクル
・ゴーカート
・芝ソリ
などなど

たくさん遊べますね。

最近、あのポーネルンドプロデュースの屋内施設も出来て遊べる幅が広がりました。

交通展示館:子供の遊び場
image


リサイクルされた本物の電車もあって、中でご飯も食べれます。
image


実はここ、 ロボット特区「さがみロボット産業特区」にも選ばれて、日本で唯一のキャラクター信号機があります。これは記念に撮らなきゃですねー。

image
鉄腕アトムの信号機、神奈川県のロボット特区に登場

毎週月曜(祝日の場合は翌日)が休業日。
係員が必要な遊具は使えないので注意です。
こちらが交通公園の案内です。営業時間や年齢制限、利用料金が載っているのでご参考に。
image



都内有名プールの70%オフ

都内のプールってなんであんなに高いの?
設備はすごいけど、はっきり言って小さな子連れにはオーバースペックだと思う。

我が家の家族構成だとこんな感じ。

東京サマーランド 8800円
よみうりランド 7700円
としまえんプール 10000円

辻堂海浜公園ジャンボプール 2080円


これを読んでも都内で遊びたい人は、家計簿をつけた方が良いですよ。

贅沢したい人は家計簿をつけよう‼


※去年、東京サマーランドに行きましたが、大人勢はとても楽しめました。子供が大きくなったら選択肢に入るんだろうなと思います。