せっかくの格安スマホ(格安SIM)、できるだけ安く使いたいですよね。
私が実践している安く済ませる設定(簡単!無料!)をまとめてみた。

image


高くなる原因を考えよう

答えはシンプルです。
格安スマホの料金の構成要素は、①データ通信課金、②音声通話課金、③端末代金となっている場合がほとんど。それぞれ、どんな場合に料金が高くなるのでしょうか。


①データ通信量が契約プランを超過した
多くの格安スマホのプランが1ヶ月のデータ通信量に上限を設けている。私の契約しているNifMoのプランだと1ヶ月で3GB。何も考えずに使っていると意外と消費してしまいます。
上限を超えてから高速通信が必要な場合、追加料金が発生してしまうとか。なんか悔しいですよねー。
私はこの記事で紹介する設定のお陰で、今のところ超えずに済んでいます。

②音声通話を長時間利用した
音声通話付きSIMで通話すると30秒で20円掛かります。総務省の調査によるとモバイル通話の1日平均は2分半、料金換算すると100円です。つまり、平均的な利用者で1ヶ月あたり3000円も掛かることになります。
私は通話をあまり使わないので問題ないですが、世の中の平均値だとせっかくの格安スマホが台無し。

③端末故障による修理、買い替え
一部の格安SIM業者、端末では、docomoでいう「ケータイ保障サービス」のような保険があります。けど、せっかくの格安スマホで保険代はなんか勿体ないんですよね。
なるべくなら、保険代は払わずに、自己防衛したいところです。最近のスマホはテレビより高いですからね。


おすすめ設定は後編で

いかがでしょうか。ここに記載した追加料金を抑えたい人は後編の設定を実践してみて下さい。

格安スマホ:更に安く使うために導入すべき5つの設定(後編)