ブログネタ
エアコンの失敗談ありますか? に参加中!
電気屋さんでよく見かける製品説明のPOP。その製品の特長が書いてあります。

image


「価格」「省エネ性」「目安広さ」「除湿加湿機能」「自動洗浄機能」・・・

大体こんなのが書いてありますよね。
ほとんどの人が設置する間取りに合わせて例えば電気屋さんの6畳用コーナーとかから選びます。
その中で、価格と省エネ性、機能の充実さを比較して購入するのではないでしょうか?

空調といえばダイキンが一番(偏見ですね、えぇ)。大学のエネルギー工学の助教授がダイキンを褒めてたのが印象に残ってるんですよねぇ。きっと。

そんなわけで間取りに合ったダイキンのエアコンを買いました。ところが思わぬ落とし穴に陥ることに…。


設置工事が拒否される

購入して数日後、わが家にエアコンが届いた。さっそく設置する部屋に工事担当の人を案内したが、部屋を見てひとこと、

「厳しいなー」

何が厳しいんだろう?
ごく普通の部屋、何が厳しいのか理解できなかった。

それから何とか取り付けられないかと取り出されたのがメジャー。ちゃんと幅が収まるのは事前に測ってるから大丈夫なはず。

ところが、

「高さが足りないですねぇ」

高さ!?
まさか横ではなく縦とは!

エアコン買うときに高さ気にしますか?
しませんよねぇ。

うちのエアコン設置位置、キャットウォークがあって高さがギリギリ足りなかったという。
これ、設計ミスやん
と思いましたが、仕方がない。


エアコン設置のプロに救われる

20畳のLDKを冷やす必要がある。
そうすると必然的に大きいエアコンになるんです。もう無理かなぁと悲しんでいると、

「富士通ならあるかも!」

とエアコンのプロのひとこと。
まさかの富士通です。ダイキンじゃなかった。

富士通のnocria
image

これがコンパクトだけどハイパワー。狭い設置場所でもいけるんです。富士通もやるときはやりますねぇ。


富士通のエアコンあなどれぬ

元富士通エンジニアが言うとウソっぽく聞こえちゃいますが、性能いいです
確かにヨドバシカメラのエアコン専門の人も「知名度は低いが性能はダイキンに負けない」といっていました。

どれくらい性能が良いかというと、結局部屋が広いので2台のエアコンを付けたんですね。
ところが実際に使ってみるとどうでしょう。真夏の35度超えの日でも1台で十分!


1台ムダになっちまった。。


エアコン失敗談まとめ

・エアコン購入は設置場所の「高さ」に気を付けよう

・最近のエアコンの性能は想像以上に良い、買いすぎ注意

・キャットウォークは危険という認識を持とう

・ダイキンだけじゃない、富士通も良い



子供部屋に追加するエアコンはダイキンか富士通で悩んでいます。


富士通「nocria」