ブログネタ
「夏の終わり」感じるのはどんなとき? に参加中!
ちょっと過激な言い方ですが「人間ホイホイ」って分かります?「人をゴキ◯リ扱いするな!」とか怒る人もいるかもしれません。100人に一人でも「うんうん、言いたいこと分かるよ」ってなれば私はこの先の文章を続けます。

image



では、続けます。

だってみんな成長(成虫)したら東京に集まるんですよ。まるで甘い密でもあるかのように東京という狭い街に群がります。私もそんな中の1匹でした。だからこそ当時の生活を思い出して「東京住まいは人間ホイホイ、高層マンションをローンで買うとかスゴいな」と思うのです。もう35年は檻に入る覚悟ですね。スゴいのひとこと。


あなたは四季を感じますか?

東京に住んでいたとき、四季をもっとも感じるのは天候でした。梅雨があり、気温が上がり、また下がり (五七五)。だいたいその繰返しですよね。あとは花火大会とかクリスマスとかのイベントでしょうか。

それっていわゆる日本の美しき四季とは言えないですよね。外国人が日本に来て感動する四季の美しさは自然界のものです。それは地方にあります。(桜だけは東京もすごいのは認めます)

また、昔から日本人は季節を表す言葉「季語」を俳句などで使ってきました。日本は昔から四季と共に歩んできたのです。

季語一覧

あらたうと 青葉若葉の 日の光
松尾芭蕉


うーん、美しい夏の山。爽やかな夏を感じますね。わが家は都心から離れたお陰で毎日庭先で感じてます。

赤とんぼ 筑波に雲も なかりけり
正岡子規


赤トンボ見ると「夏のおわり」を感じます。庭に赤トンボいたので家にいながらにして季節を感じました。高層マンションじゃ無理ですよね。あぁ、東京のマンション時代を思い出すとツラい。


現代人は地方に癒しを求めよう

東京に移住しちゃったひと、疲れてないですか?無機質はヒトにストレスを与えます。東京って無機質なんです。四季の移ろいも希薄です。私はそんな東京に疲れてしまいました。仕事は楽しいので通える範囲で湘南に引っ越しました。

四季は人に癒しを与える

これ湘南に引っ越してから思いました。湘南は程よく田舎で暮らしやすいです。もちろん四季も色んなところから感じます。

最近だと、
  • 庭のオリーブに実がなる
  • シマトネリコの葉っぱモッサリ
  • セミがいなくなりトンボが発生
  • いろーんな虫の音がする


夏のおわりは涼しい夜風に涼しげな虫の音色、癒されますよ~。東京時代にはありませんでした。

冬の海も素敵です。湘南の海って夏よりも冬の方が空気が澄んでて気持ち良いんですよ。12月でもポカポカ暖かい日もあるし、日向ぼっこもいいですよ~。日向ぼっこ用の木製デッキが海沿いにあって、どんな悩みでも吹っ飛ばしてくれます。

ストレス社会って言葉はいつ生まれたんでしょう。癒されたい人は地方に行きましょうよ。某プロブロガーさんのように高知までとは言いません。まずは湘南、木更津、所沢あたりでどうですか?試しに住むなら ノマドで物件探しをしてもらうと良いでしょう。

私は湘南に移住してから週末が大充実してます。

湘南生活が楽しいです!