ブログネタ
普段どんな運動をしていますか? に参加中!
健康な身体を手に入れるためにランニングをしたい!30代を越えたサラリーマンなら1度は思うはず。

ランニンググッズについてはコチラ→
[通勤ラン]着替えに困らないためのグッズまとめ

image


日本のサラリーマンは時間がない

日本のサラリーマンは自由な時間がありません。平日は遅くまで仕事があり、休日は家族サービス。こんな昭和な働き方が残る現代社会ではランニングする時間も取れずに、不健康な中高年が増え続けます。ビジネス街を観察してください。
ほら、たくさんいるでしょ?

そこで通勤と運動を兼ねた「通勤ラン」をしようと思い始めるのです。

いざ通勤ランをしようとするといくつかハードルがあります。私が通勤ラン(帰宅ラン)をするために克服した方法をご紹介します。


①ルートを決める

「どれくらいの距離を走るのか?」
距離を決めましょう。走る距離が決まると、スタート地点が決まります。

私の場合は5キロほど走りたかったので、1駅手前で降りることにしました。

「スタート地点に着替え場所はあるか?」
基本的に着替える場所は駅構内のトイレです。荷物置きの棚があると着替えやすいです。清潔ならなおよし。

ランニングスタイルでトイレから改札に向かい、駅を出るまでは少し恥ずかしいですがここは我慢です。

「家までの道は安全か?」
通勤ラン(帰宅ラン)の走る時間は暗いです。
街頭が多い道、クルマの少ない道を選びましょう。
夜走ると危険に出くわす確率が高くなります。


②ランニンググッズを揃える

通勤ランを始めるときに一番悩みました。

「ランニングリュック」
これが見つからないんです。いくつかスポーツ用品店を見ても実用的なものはない。

理想の条件は、
「職場に持っていけるシンプルデザイン」
「着替えが入る適度な容量」
「走りの邪魔にならない密着性」

そこまで厳しい条件じゃないですよね?
けど買いに行くと見つからないんです。

見付けたのは結局Amazonでした。一番労力の掛からない方法で見つかるなんて、悔しいな~。
長距離ランニング(LSD)、通勤ランに。着替え、タオル、飲み物を入れて走っても体に密着する高いサポート力が快適なランニングを提供する。収納性、デザイン性にも優れたエナジーバックパック。


by カエレバ


コールマンのリュックサックもオススメで、大容量からコンパクトな状態まで柔軟に対応してくれます。

帰宅ランすると気付くんですが、帰りだけ荷物が異常に多くなります。こういうタイプのリュックサックは電車内では邪魔にならないし便利ですね。

by カエレバ


「ランニングシューズ」
ランニングシューズは種類豊富なので「職場に合いそう」で「走りやすいもの」なら何でも良いと思います。

私は通勤ランを始めた頃、靴を履き替えるようにしていました。けど、服と靴を同じリュックに入れると服が汚れるんですよね。さらに靴は重たいです。

通勤ランするなら通勤シューズとランニングシューズを兼用するのがオススメです。

「Tシャツ短パン」
「荷物にならない軽いもの」
「駅構内で恥ずかしくないもの」
この二点が満たされれば何でも良いです。


ランニンググッズについて、別の記事にまとめたので、探している人はコチラからどうぞ→
着替えに困らないためのグッズまとめ


③服装自由な会社に転職する

これは極端ですが、今どきスーツで出社しないといけない職場は古いです。さっさと転職しましょう。特にエンジニアやマーケターがスーツで働くとか理解不能なレベル。

私は通勤ランをするためにスーツを強制される大企業を辞めました。もちろんこんな理由で転職した訳はありませんが、ニュアンスは同じです。

今は転職市場が活況なので、悩んでいる人もまずは リクナビNEXTで最近の傾向を見てみると面白い発見があります。
本気で探すなら専任コンサルタントのアドバイスを受けられる リクルートエージェントに登録して話を聞いてみると自身の市場価値や今後の方向性が分かって面白いですよ。私もお世話になりました。

もしエンジニアとして仕事を探すならギークスジョブがオススメです。うちの会社も多くのエンジニアがこちらから参画してますが、登録エンジニア同士の交流会もあり、ギークスさんが一番評判良いです。

職場で通勤ランやってるよと公言するのもオススメです。服装やシューズが変わっていても理解してくれます。あの人は走って帰る人というイメージをつけられたらこっちのもんです。


通勤ランの効果

通勤ランを習慣化して実感した効果はこんなにあります。

・ストレス発散になる
・身体が疲れにくくなって集中力が増す
・頭の回転が速くなる
・仕事を早く切り上げるようになる
・気持ちに余裕が産まれる

良いことしかないので、忙しいサラリーマンは家族のため、出世のためにも、通勤ランを始めましょう。

「おすすめの関連記事」
[帰宅ラン]着替えに困らないためのグッズまとめ


仕事に効く、脳を鍛える、スロージョギング 角川SSC新書 (角川SSC新書)

久保田 競,田中 宏暁 角川マガジンズ(角川グループパブリッシング) 2011-09-10
売り上げランキング : 40447
by ヨメレバ



脳を鍛えるには運動しかない!―最新科学でわかった脳細胞の増やし方

ジョン J. レイティ,エリック ヘイガーマン 日本放送出版協会 2009-03
売り上げランキング : 223
by ヨメレバ