湘南T-SITE(ティーサイト)の毎週土曜日がアツいです‼


湘南T-SITEの記事はコチラ


湘南メルカート (作り手と使い手が出会う場所)

湘南メルカートは、こういった人たちと歩んでいく、ファーマーズ・マーケットです。
1 化学肥料、農薬をできるだけ使わない農業を目指している生産者。
2 無添加の食品作りを目指している生産者。
3 自分たちが暮す地域の環境を大切に考えている生産者。
4 自分で作ったものを、消費者に直接届けたいと願っている生産者。
5 国産の安全・安心な食品を守っていこうとしている団体。
6 フェアトレードを行っている団体。
一緒に、楽しんでいただければと思います。
http://real.tsite.jp/shonan/mercart/


地産地消ですよ。都内の鳥小屋に住んでいる人は無縁の言葉ですよね。目をかっぽじって見てください。東京は何でも手に入るというのは幻想です。

入手困難 三浦半島の「カラスのハチミツ」

これ成城石井でも売ってないので、湘南ティーサイトまで来ないとダメです。

良質な純国産はちみつにこだわりを見せるechonica養蜂園(鎌倉市)さん
image


色んなハチミツを味見させてもらいました。全然味が違うんですね!

「1週間ずれるだけで、蜂が吸う花の種類が変わるから、味もずれてくるんです」
食べながら聞くと納得、勉強になります。子供の食育にも良いですね。

特に三浦半島のカラスザンショウの蜂蜜は採れる量が少なくて、湘南でしか販売していないとのこと。

残念ながら売り切れていたので味見だけしました。ちょっとクセがあり後味さわやかな料理向けのハチミツです。
image


仕方ないのでこちらを購入。紅茶に入れるとめちゃうまい甘口のハチミツです。
image


次はカラスザンショウ買うぞ!と決意して次の店へ


幻の焼き芋 よっしーの「白い焼き芋」

出た‼またしても変わった店です。

都内に出すと即完売。よっしーのおいもやさん
image


たまに都内のイベントに呼ばれるそうですが、即完売らしいです。食べ逃した人は湘南へお越しくださいね。

こちらも作り手の思いを聞くことができて勉強になりました。健康に良いんですねー。
image


壺焼き芋って初めて知りました。
image


残念ながら白い焼き芋は売り切れていたので他の焼き芋を詰め合わせでいただきます。
小さめの焼き芋を500円でたくさん詰めてくれるので、家族で食べるのにちょうど良いです。

中はこんな感じでめちゃ甘い!
image


次回はこのホワイトスイート(白い焼き芋)にありつきたいです!
image



よっしーが提案する「キウイの丸かじり」が絶品

おまけです。
焼き芋待ってるときにキウイを食べさせてくれたんですが、皮付きキウイなんです!

あのうぶ毛に覆われたキウイですよ。食べれるんですねー。恐る恐る食べてみると、、これまたウマイ!

ついついこちらも購入しちゃいました。これでも倹約家なんですよ!?
image


注意して欲しいですが、なんでも皮ごと食べれる訳じゃないです。安心して食べられる農家さんのキウイだからこそ食べられます。スーパーで売ってるキウイは皮をむきましょうね。

食べ頃のタイミングも教えていただきました。親指の付け根をぷくっとさせて、膨らんだところの堅さになると食べ頃です。結構柔らかいですね。


湘南メルカート、他にも色んな地産地消があってどれも素材が美味しいです。また新しい楽しみができました。ホントに湘南に引っ越して良かった。


湘南の地産地消に興味のある方は海辺の朝市(茅ヶ崎市)もオススメです。朝イチに行かないと品切れになる人気ぶりです。

東京の鳥小屋生活に疲れた方は湘南移住のすすめで人生見つめ直しましょう。